志成館

不登校、高校中退から通信制高校卒業。高卒程度認定試験、大学受験から未来へ。志成館は熊本であなたの志を未来へとつなぐ学び舎です。

〒862-0973 熊本県熊本市中央区大江本町7番3号


TEL.0120-08-3730 / fax 096-371-3871

校外活動

【平成29年7月20日(木) ある梅雨明けの午後 】

手前の二つの写真は放課後の校内の様子です。

ホワイトボードには素敵な一句がありました。

読んでる方も夏休みに向けての希望が膨らみました。

その後、下の階に下りるためにドアを通り過ぎようとした

刹那、妙な気配を感じて、上を見ると気だるそうな顔をした

てるてる坊主がこちらを見下ろしていました。

そう言えば、今日は梅雨明けです。

今日で君ともお別れだね。

梅雨明けの午後のちょっとしたドラマでした。

 

【平成29年7月11日(火) 食べ歩きはお好き? ~蔵書紹介~ 】

今週、3年生の本棚に熊本のカレー屋さんとラーメン屋さんの紹介の本を追加しました。

カレーやラーメン店は生徒同士で行きやすく、食べ歩きにも比較的向いているのでは

と思います。ラーメンの本はお店まで持っていくとちょっとしたサービスがついてきます。

もし、借りていきたい場合は一言声をかけてくれれば貸し出しします。

熊本のカレーやラーメンを存分に堪能してもらいたいです。

それともう一冊、大人の工作という本も追加しました。今年はあまりものづくりをしていない

のを反省して、ネタ探しのために買ってきました。学校の活動よりも先行して何かを作って

見たい場合は目を通してみてください。こちらの本は職員室に置いています。

【平成29年5月9日(火) 春季写真コンテスト表彰式】

今日は熊本第二高校で行われた春季写真コンテストの表彰式が行われました。

志成館の生徒が優秀賞を取り表彰されました。

表彰後は審査員(プロのカメラマンと大学の講師)の方々が講評と選定の理由

を話されました。

対象物だけでなく、その周りのものや風景がしっかりと活かされていて、撮影の

前にしっかりと周りを見れていること、そして、作品すべてが難しい縦撮りになって

いることだそうです。縦撮りには高い技術が要求されるそうです。三点すべて縦撮り

という発想が素晴らしく、まさに「縦三枚の勝利」とのお言葉をいただきました。

今年は非常に参加者全体のレベルが高いそうで、その中での優秀賞を取れた

ことは本当に誇らしいことです。

今度の九州大会でも良い結果が出せるように、満足のいく写真が取れるように

応援したいです。

*許可を得て、顔まで載せさせていただきました。

【平成29年5月9日(火) 熊本県総合文化連盟写真専門部春季写真コンテスト優秀賞作品】

この写真は高文連春季写真コンテストで志成館3年生の生徒が優秀賞を取った作品です。

タイトルは「夜桜」です。

素晴らしい作品です。一歩動いたり、ちょっと振り向いたり、一瞬遅れたりで全然、違う作品に

なってしまうというこのシビアな世界です。この瞬間が織り成す美しさを見逃さず、シャッターを

切る集中力、感性、どれもすごいなぁと思いました。

現像したものはもっとインパクトがあります。志成館にも現像したものを置かせてもらっています。

是非、志成館まで来てご覧ください。

* 当生徒は6月に沖縄で行われる九州大会に出場します。応援をよろしくお願いします!

 

【平成29年5月8日(月) 逢桜の里・きなこ棒作り】

今日は待ちに待った今月の「逢桜の里」さんの活動の日でした。

今回の活動はきなこ棒作りです!

作り方は簡単です。ボウルに水あめ(一瓶500グラムくらいで300円くらい)、

きな粉、食塩を一つまみ加えて、混ぜ合わせるだけです。

お好みに応じて、柔らかくしたい場合は水あめの量を増やしたり、水を少し

足したり、甘みを足したい場合は砂糖か蜂蜜を混ぜるといいと思います。

上手にこねるときな粉と水あめが綺麗に混ざり、好きな形に整形できます。

一般の参加のお子さんはお母さんとアンパンマンを作っていました。

作って、遊べて、食べられて、体にも良い、きな粉棒なのです。

それから、今回は「赤ちゃんパレード祭」を主催される代表の方、お二人にも

ご参加いただきました。「逢桜の里」の活動や志成館の生徒の様子を知って

もらえて、とても嬉しかったです。

【平成29年5月4日(木) 農業体験 】

GWの二日目にいつもお世話になっている合志市の鈴木さんのところへ

農業体験に行ってきました。

本日の最初の作業はサツマイモの苗を植える作業とその横に大豆と金ゴマ

を植える作業でした。大豆と金ゴマは一緒に植えてもと共生してくれる作物

なのだそうです。それから、植えたサツマイモの品種はシルクスイート、安納芋

とパープルスイートでした。上記の作物はどれも生命力の高いもので、たまに

水をあげるくらいでほとんど手がかからないのだそうです。

午後からはにんにくの芽を抜き取る作業を行いました。芽を取ることでにそこに

いくはずだった栄養がにんにくに渡って、にんにくが大きくなるそうです。取り除

いたにんにくの芽は炒め物にして食べるととてもおいしいです。

そして、その作業の途中で、にんにくの畑の中で珍しいものを見つけました。

それは、スズメの巣です。さらに、その中には小さなヒナが数匹いて鳴いていました。

てっきり、スズメは木の上に巣を作るものなんだなと思っていました。それから、

鈴木さんの畑には農薬や化学肥料の類は一切使わないので、その結果が

この数奇な出会いにつながったのかも知れません。

手伝いのお礼に、お米と鈴木さんの畑で取れた野菜をたっぷりといただきました。

楽しい思い、不思議な出会い、そして、たくさんのお土産で素敵なGWの

一日を過ごすことができました。

鈴木さん、いつもありがとうございます!

* 農業体験をしてみたい方は甲斐先生までご連絡ください。

 

【平成29年4月17日(土) 上天草・開墾作業バイト】

4月15日(土)、甲斐先生の兄弟の開墾作業の手伝い(バイト)に甲斐先生と生徒

が上天草へ行ってきました。

耕作放棄地だった場所(ほぼ雑木林)を伐採したり、焼き払って平らに土地にまだ

根っこがたくさん埋まっています。その根っこを畑を耕しながら文字通り根こそぎ取り

除いていくという作業でした。鍬やショベルを使って穴を掘ったり根っこを途中で

切ったり、引っ張ったりしながら取り除いていきました。早朝に雨が降ったせいで

なかなか根っこが抜けずたいへんな作業でした。

抜いた根っこは焼却するのですが、そこで甲斐先生は火炎放射器を使わせてもらい、

存分に火炎放射器体験を楽しみました。生徒はさすがに危ないのでお預けでした。

かなりの重労働だったので次の日はさすがにぐったりだったのではないでしょうか。

 

【平成29年4月4日(火) 2年生親子de花見 】

4月2日(日)に2年生は水前寺公園横の公園で花見を行いました。

まだまだ寒い日が続いているせいか、桜はほとんど咲いていませんでしたが、

その代わりにおいしいご馳走を囲んで話に華を咲かせることができました。

オードブルは2年生の生徒がバイトをしている三里屯にお願いしました。

やはり、こういうところは、さすが人とのつながりを大事にする清田先生だなぁと

思いました。

新しい学年をスタートさせるための英気を十分に養えた日曜日でした。

 

【平成29年3月27日(月) 蔵書整理ボランティア②】

3月24日(金)、二日目の蔵書整理の様子です。

二日目はまたメンバーを引率していきました。

カバーかけ、漫画の搬送作業、漫画の陳列を行いました。

それから、展示用の少女マンガ雑誌を2階の棚に並べている際に出版の年に

目をやると1960年代、70年代のものといった貴重なものがたくさんなりました。

一冊数千円~数万円のものもあるそうで、素手で触っても大丈夫なのかな、と

ドキドキしながらの作業でした。

それから、少女漫画の絵を見ていて思ったのは、少女漫画の絵のタッチは

少年漫画のタッチに比べると変化が少ないなぁと思いました。やっぱり少女

漫画は女の子がメインだから線が増えると透明感や清潔感がなくなるから

なのかなぁと思いながら作業を続けました。

生徒たちは本当に一生懸命頑張ってくれたおかげで、この二日で予定していた

作業よりも多くの作業をこなすことができたそうです。

 

【平成29年3月23日(木) 漫画ミュージアム蔵書整理ボランティア① 】

志成館の心理コミュニケーションを担当の橋本先生が代表をしている熊本漫画ミュージアムプロジェクト

お手伝いに行ってきました。場所は合志市マンガミュージアム(郷土資料館跡地)でした。

建物の中はヒノキ材の本棚や漫画を詰めたコンテナでいっぱいで、ヒノキの香りが心地よい空間でした。

生徒職員は漫画を作家や年代に順に棚へ並べる作業、抜けている感がないかの確認作業、漫画に

カバーをかける作業などを行いました。その作業の中で、本当にたくさんの漫画を目にしました。

ここだけでざっと十万冊ほど漫画があるそうです。橋本先生はこのプロジェクトを通して、熊本を漫画で

有名な県にしたいと口にしています。本当に夢のある話です。生徒も職員もぜひ、実現させたいと

思っています。

この合志ミュージアムは7月にの夏休み前にオープン予定だそうです。開館が本当に待ち遠しいですね。

次の日もメンバーを変えてお手伝いに行く予定です。続報をお楽しみに!