志成館

不登校、高校中退から通信制高校卒業。高卒程度認定試験、大学受験から未来へ。志成館は熊本であなたの志を未来へとつなぐ学び舎です。

〒862-0973 熊本県熊本市中央区大江本町7番3号


TEL.0120-08-3730 / fax 096-371-3871

NPO

【平成29年9月5日(火)『ひなたぼっこの会』9月例会】

今日の八代は昨日に引き続き涼しく、窓を開けていればクーラーが要らないほどです。

さて、9月2日(土)に、志成館八代校がある八代教育会館にて、思春期の子どもと向き合うおとなたちの会

『ひなたぼっこの会』9月例会がおこなわれました。

若者サポートステーションやつしろからの講演もあり、充実した2時間半でした。詳しい様子は、

↓くまもと共育会T.Tのホームページに掲載しています。

http://blog.canpan.info/think_together

お知らせなど随時更新していきますので、ぜひご覧ください。

例会は、基本的に奇数月の第1土曜日の14:00~16:30の時間に

八代教育会館(志成館 八代校)で開催しています。

【平成29年2月25日(土)教育講演会 】

2月25日(土)は志成館高等学院のカウンセラー加藤理人先生の教育講演会でした。

志成館でのカウンセリングの7年間の振り返りや7年間で生徒がどう変わってきているのか、

その中で加藤先生が気づいたこと、そして、それを踏まえた上での子どもとの関わり方に

ついてのお話がありました。

今回の講演での学びを今後にしっかりと活かしてよりよい学校作りをしていきたいです。

 

【平成29年1月28日(土) 生徒発表@不登校支援の研修会 】

志成館の清田先生と1年生の生徒が1月28日に天草市民センターで行われた

「困難を有する子ども・若者によりそいましょう in 天草」という、こどもの不登校や

ひきこもりの問題についての研修会に講演者として参加しました。

演題は「親の想い、子の想い」というものでした。

100名以上の参加者がいる中でも、生徒は物怖じせずにしっかりと講演を行いました。

参加者方からの反響も良く、生徒にとっても自分自身に自信が持てる良い機会と

なったと思います。私たち、志成館の職員としても非常に、誇らしいことです。

10月15日‐16日 フレンズプログラムファシリテーター養成講座

161016%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%ba%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a0

10月15日-16日で、パスウェイズジャパンさんの熊本支援活動の一環として、「フレンズプログラム」のファシリテーター養成講座を行いました。

フレンズプログラムは、うつや不安症について自己のレジリエンスを育て折れない心を育むプログラムです。WHOにも認められるプログラムになります。志成館ではスタッフもファシリテーターの講習を受けたので、今後心理コミュニケーションの授業の中で「フレンズプログラム」の活用を進めたいと思います。

また、今回生徒の一人もファシリテーターを受講しました。大人の中で意見を述べたり、5歳の子ども対象のプログラムの模擬授業なども行ってがんばってくれました。

生徒の感想として『とても濃い時間だった。「感じ方」と「考え方」は違うということを知って、勉強になった。』と言っていました。これから日本で最年少のフレンズプログラムファシリテーターとして、どんどん活動してもらいたいと思います。

 

また今回の活動は、遠くオーストラリアから支援をいただいての養成講座でしたので、その支援の心遣いにも感謝申し上げたいと思います。

その支援の様子はこちら⇒http://ameblo.jp/friendsprograms/entry-12192799862.html

 

レジリエンス(resilience)とは、「精神的回復力」「抵抗力」「復元力」「耐久力」などとも訳される心理学用語(wikipediaより)

8月20日(土)NPO親子ストレスケア教室のご案内

stresscare2志成館高等学院のスタッフが中心となり活動している
【NPO法人日本教育相談研究所くまもと共育会T.T】が、8月20日(土)にストレスケア教室を行います。
8月下旬は夏休みの終わりの終わりが見えてきて、色んな不安も出てくる時期だと思います。
・なかなか寝れない   ・不安な気持ちが抜けない
・学校が始まるのが不安 ・不安な気持ちを軽くしたい
・ご家庭でもできるストレスケア

などについて、

整体、クレイセラピスト、セラピストの3名の専門家がストレスケアのワークショップを行います。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【当日の内容】
〇整体教室(緑の杜整体/下田高裕先生)
〇クレイセラピー(お話しサロン冬乃実/下川冬実先生)
〇アクセスバーズ‐脳の断捨離‐
(リフレクソロジーリンパケアのサロン・ペルテ/中熊文子先生)

参加費は500円/人
どれも体験いただけます。(アクセスバーズは体験できる人数に限りがあります)

入退場自由(会場13:30~)

※中学生・高校生の親子で触れ合いながら参加していただけたらと思っておりますが、
生徒のみ、大人のみの参加も可能です!

お申し込みは
NPO法人日本教育相談研究所くまもと共育会T.T
事務局 096-366-1080

もしくは、参加フォーム

QRcode
https://goo.gl/forms/fVpbDdEvjJw4ctbF3よりお申し込みください。

【活動報告】『子どもの主体性を引き出す体験と教育フォーラム2015』

志成館高等学院と連携しているNPO法人日本教育相談研究所『くまもと共育会T.T』が8月22日(土)に『子どもの主体性を引き出す体験と教育フォーラム2015』を行いました。

(以下、NPO法人日本教育相談研究所くまもと共育会T.Tのブログより転載)

 

子どものやる気、主体性をいかに引き出すのかについて、志成館高等学院の清田より「主体性を引き出すために必要な体験とは~通信制高校の現場から~」の事例発表が行われました。
kiyo (500x375).jpg

授業学研究所の大矢先生からは、『未来につながる体験と教育~子どもの主体性を引き出す信頼関係の築き方~』という演目で講演をいただきました。
ohya (500x375).jpg
今までの30年で、私たちの社会には今まで想像もしなかったような業種や職業が生まれています。今の子どもたちはこれから30年で、自分たちが想像もしないような業種に就くことが考えらえます。

これからの時代を生き抜くうえで必要なことは、受動的に「情報をどれだけ知っているか」ということよりも、主体的に「情報をいかにうまく使うか」が大切になってきます。

主体的に生きるためには、周りとの信頼関係が大切です。自分が認められた環境の中であれば、いきいきと自信をもって意見を述べることができるようになります。

教師や保護者としては子どもを認める環境づくりが、子どもの主体性を伸ばす環境づくりになると思われます。

※本事業は、子どもゆめ基金の助成活動です。

 

NPO法人日本教育相談研究所くまもと共育会T.T
http://blog.canpan.info/think_together/

【告知】『子どもの主体性を引き出す体験と教育フォーラム2015』

志成館高等学院と連携しているNPO団体
NPO法人日本教育相談研究所『くまもと共育会T.T』が
8月22日(土)に『子どもの主体性を引き出す体験と教育フォーラム2015』を行います。

子どものやる気、主体性をいかに引き出すのかについて、
事例や講演等を通じて、学ぶ機会になるかと思います。
2015Forum

詳細/お申込みについては
こちら(PDF712kB)