志成館

不登校、高校中退から通信制高校卒業。高卒程度認定試験、大学受験から未来へ。志成館は熊本であなたの志を未来へとつなぐ学び舎です。

〒862-0973 熊本県熊本市中央区大江本町7番3号


TEL.0120-08-3730 / fax 096-371-3871

出前講座

【平成28年11月25日(金) 崇城大出前実験教室】

cats

今日の総合学習は崇城大の名のサイエンス科の黒岩先生による、出前実験教室でしら。

ゲルとはどんなものか、構成される物質は同じでも分子の配列次第でグニョグニョのゲルに

なる、身近なものでゲルを応用したものにはどういうものがあるのかのお話がありました。

その後で、ゲルを生徒に体感してもらおうと砂鉄と磁力を使ったオブジェを触らせてもらったり、

洗濯のりとホウ砂を使ったスーパーボール作りを行いました。

誰が一番跳ねるスーパーボールを作れるかという競争要素があり、生徒たちはそれぞれ

楽しみつつ、頭をフル回転させて体験に参加しました。

黒岩先生は本当に楽しそうにお話をされ、実験においても、生徒の反応を楽しみながら

行われたので、とてもいい雰囲気での出前実験教室でした。

本当にありがとうございました。

【平成28年10月28日(金) ハロウィーン企画コスプレメイク講座】

cats2

今日の総合学習はハロウィーン企画ということでコスプレメイク講座を行いました。

講師として株式会社フラッグスから池山さんに来ていただきました。

池山さんにはクマフェス2017のお話をしてもらった後にメイクの仕方を教わりました。

いきなりのコスプレは生徒にとって、ハードルが高いかなと思って、清田先生は

カツラを被って増毛、甲斐先生は全身タイツに耳と鼻と口を貼ったマスクをつけて

不細工な黒猫、幸山先生はおたふく仮面になってその場の空気を緩めました。

その後、池山さんから女の子たちはメイクで可愛さを強調してもらったり、

怪我メイクをできる生徒がほかの生徒に教えたりをしたり、男の子は

被り物を被ったり、カツラやマスクを被って変装したりして楽しみました。

笑いの絶えない楽しいコスプレメイク講座でした。

 

 

【平成28年7月8日 総合学習(人に気持ちを伝える方法)】

DSCN9368

今日の総合学習は
株式会社MTS/e.a.oチャイルズ コミュニケーション スクールの矢野美枝代表に
お越しいただいて、「人に自分の気持ちを伝える練習方法」というタイトルで講義をしていただきました。

コミュニケーションはやはり難しいものではありますが、
コミュニケーションにおいて自分が話をするだけでなく、まず聞くことからが大切であったり、
人の話をまずきちんと受け止めてから、自分の意見を言うなど、
これからのコミュニケーションに参考になるお話でした。

【平成28年7月1日 総合学習(スマホとSNSの使い方)】

今日の総合学習では、「ふれあい講座」の一環として総務省の方に来校していただき、

「スマホとSNSの使い方」の講演を聞きました。

昨今ニュースにも取り上げられているアプリからのウイルス感染やワンクリック詐欺、

LINEやTwitterなどのSNSツールに関する問題であったりと

様々な問題をスライドやビデオを見ながら学習することができました。

1

page

「私は大丈夫」「ちょっとくらい…」という思いが、上記のような事件を生んでしまうのかと思うと、とても怖くなってしまいました。

日ごろから触れる機会の多いスマートフォン。

いいところもあれば、怖いところもあるということを今一度確認するいい機会となりました。

6月10日(金)落語家・中村山椒師匠の公演

この日の総合学習は熊本在住の落語家・中村山椒師匠の公演でした。

山椒師匠は熊本県のあちこちで公演なさっています。震災後は被災地に笑いを届けたいとの思いから避難所で落語のボランティア公演をされています。
(西日本新聞) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160609-00010009-nishinp-soci

最近、落語は小説やアニメ、漫画になって、ちょっとしたブームになっています。

生徒たちも初めて見る落語にワクワク、ドキドキ。若い人はなかなか自分では見に行かないですよね。

今回の題目は「時そば」と「後生鰻」でした。

いざ、公演が始まるとグイグイに落語の世界に引き込まれ、みんなでゲラゲラ笑いました。

腹いっぱい笑って、日頃の疲れも吹っ飛んでいきました。

生徒たちは口々に「面白かった」「また聞きたい」「こんなに面白いとは思わなかった」「久しぶりに人の話に聞き入った」と話していました。

また機会があれば、是非、公演をお願いしたいです。

page1

【平成27年10月2日】総合学習『認知症サポーター養成講座』

今日は『認知症サポーター養成講座』として
コムーネ黒髪より 松永佳子さんに来ていただきました。

20151002

熊本は全国の人口比率からすると
「認知症サポーター」が一番多い県ということです。
熊本県は認知症に優しい県づくりを実践しています。

認知症はだれにでも起こりうることなので、
早め早めの気づきとサポートが必要になります。

また、認知症だからとすべてが分からなくなっているわけではありません。
「監視」になると嫌な感じを与えてしまうので、
認知症にかかわらず優しく見守ることが大切だそうです。

実例も踏まえてのお話だったので、
生徒たちにもわかりやすかったと思います。

これから、志成館認知症サポータークラブを作って
実践していきたいと思います。

【平成27年9月25日】総合学習「ブレスレット作り」

20140925 (600x450)

今日はアクセサリー作りをされている岩崎さんを講師にお招きして、ブレスレットを作りました。

最初は慣れない紐の編み方に、生徒も教師も悪戦苦闘していましたが、一度コツをつかむと順調に編むことができるようになり、男子生徒も女子生徒も思い思いの飾りをつけながら、集中して自分の気に入ったブレスレットを作ってました。

 

【平成27年6月12日】 崇城大学 / 出張実験!!「科学の不思議体験」

DSCN7766 DSCN7777  DSC08387IMG_4554

今日は崇城大学工学部ナノサイエンス学科から、池永准教授にお越しいただき、「科学の不思議実験」講義をしていただきました。

 

 

普段なかなか目の当たりにすることのできない、電子レンジ内に存在するマイクロ波を用いた実験を生徒達と行いました。

 

 

電球がレンジ内で発光する様子やポップコーン作りなど、ちょっとした日用品を応用しながら科学のミラクルに驚かされている様子でした。

 

 

 

生徒同士も、実験を行う上で協力し合う様子が微笑ましく感じました。

【平成25年8月19日】 夏期出校日/九州造形短大出前講座

平成25年8月19日(月)、夏休み期間の出校日でした。

熊本校では、6階多目的ホールにて
九州造形短大 造形芸術学科 出前講座 “作品づくり”を行いました。
(※同学科の特任教授 前田信明先生をお招きしました)

20130819_01 20130819_02

テーマは“音”

形が決まったものを描くのではなく、
例えば音楽を聴きながら、自分が思うがままに色鉛筆を動かしていきます。

生徒のみんなは、最初こそ何をしようかと手が止まっていましたが
水彩絵の具を固めた色鉛筆、その上から濡れた筆でなぞったり
派手に水をかけて指でのばしたり…

まさに思うがままのいろいろな作品が完成しました。
20130819_03

なお、これらの作品は10月5日(土)の文化祭『志成祭』にて展示の予定です。
どうぞ当日会場でご覧ください。

【平成25年6月7日】 総合学習(崇城大学出張実験)

平成25年6月7日(金)、熊本校「総合学習」の授業では
崇城大学 工学部 ナノサイエンス学科の西田正志先生をお招きし、
「科学捜査とナノサイエンス~体験ルミノール反応~」
と題した出張実験を行いました。

まず自然科学・元素・原子の話から。

普段、私たちの身の回りにある物質は億単位の原子で作られており、
そのひとつひとつの原子の変化は肉眼では見られません。
20130607_09

そこで、元素の変化を見るために化学変化を利用します。

ビーカーにイオン交換水を入れ、試薬を順番に混ぜ合わせます。
※安全を考慮し、西田先生の他に本校講師数人が生徒に対応しました。
20130607_24 20130607_16 20130607_32

作った溶液に血液試料を入れると蛍光色に光り、「ぉおー!」と歓声が聞こえました。
また溶液の中身(溶質)を変えることで光る色も変えられます。
20130607_34 ※発光した瞬間の動画はこちら

この原理を使ったものが、イベントでよく見る“光るブレスレット”です。
授業の最後に生徒全員が各々好きな色のブレスレットを光らせました。
20130607_31 20130607_44