志成館

不登校、高校中退から通信制高校卒業。高卒程度認定試験、大学受験から未来へ。志成館は熊本であなたの志を未来へとつなぐ学び舎です。

〒862-0973 熊本県熊本市中央区大江本町7番3号


TEL.0120-08-3730 / fax 096-371-3871

新聞記事

【平成31年2月5日(火) 清田先生、見ーっけ! 】

 

2月2日(土)の熊日新聞『読者ひろば』に、本校の清田先生が、3年生が卒業を迎える今の想いを書いた投稿文が掲載されました。

 文面は、次の通りです。

人生のゴール目指して進め

清田一弘(56)

=高校教員(熊本市)

3年間受け持った生徒たちの卒業が近づいてきました。通信制高校という性質上、入学時に9人だった生徒たちも転入で増えて、今は60人になりました。生徒たちは、卒業を前に文集作成など行っています。「まだ、卒業したくない!」という声も聞かれます。

この3年間、私はクラス担任として、生徒・保護者らのちょっと前を歩んできました。もちろん高校卒業は、人生の通過点に過ぎませんが、私はペースメーカーとして先導してきました。いわば、動く灯台の役割です。生徒たちは、それぞれのペースだけど、なんとなくその灯を追いかけていけば大丈夫、という気持ちでこの高校生活を歩んできたと思います。

マラソンでは、だいたい30キロ地点から、ペースメーカーが外れます。まもなく私の役割は終わります。あとは、生徒たち自身の足で人生のゴールを目指して進んで欲しいと願っています。

卒業式が近づき、3年間を思い出して悲しくなる時もありますが、最後は笑顔で生徒たちを送りたいです。そして、私はこれから、ゴール付近まで交通機関を使って先回りして待っておきたいと思います。

【平成30年11月19日(月) 熊日で清田先生の記事 】

11月18日(日)の熊日新聞『読者ひろば』に、本校の清田先生が、味噌天神例大祭と志成祭の事を書いた投稿文が掲載されました。

文面は、次の通りです。

 

高校生の成長 温かい見守り

清田一弘(56)

=高校教員(熊本市)

10月25日は熊本市にある「味噌天神」の秋の例大祭。隣接している私が勤務する高校では同日、地域と一体で文化祭を行っており、今年で5年目を迎えた。

一昨年の熊本地震で神社は大きな被害を受けた。その年の文化祭から神社復興のため、収益金の一部や募金などを寄付している。前日の準備も地域の方と生徒たちの協力で行われた。当日は晴天にも恵まれ、500人の方でにぎわった。

今年の文化祭では、生徒たちのステージ発表が目立った。屋外ステージでは、生徒による歌やギター、ピアノ、バイオリン演奏やダンスなどで盛り上がった。私もUSAダンスで、さびのところだけ飛び入り参加した。

不登校などを経験した生徒たちが、大勢の人々の前でパフォーマンスする姿に、会場からは大きな拍手と声援が上がった。失敗しても温かく見守ってくれる仲間や地域の方の前だからこそ、安心してステージに立てている。今年は勇気がなかった生徒たちも「来年は自分も」という目をしていた。

地域の祭りと文化祭の中で、高校生たちが元気と笑顔を届けてくれた。街の小さな神社と共に、生徒たちは確実に成長し続けている。

【平成30年6月12日(火) 熊日朝刊に載ってました! 】

今日の熊日日新聞の朝刊に定時制通信制高校総体の結果と柔道90キロ級で

優勝した生徒の試合後のインタビューが「ひとこと」で取り上げられていました。

柔道に関しては、去年の大会で熊本は良い成績を残しています。今年は

同じ選手に加え、志成館の生徒も心強い選手として全国大会に参加します。

今年はさらなる飛躍を期待したいです。

卓球は団体だけでなく、個人でも全国大会に出場します。去年、熊本は結果を

残せていなかったので新聞では注目されていませんが、個人で優勝した生徒は

甲斐先生でも歯が立たないので、全国大会でも活躍してくれると思います。

生徒たちが自分の力を存分に発揮できるようにサポートしていきたいです。

【平成29年12月29日(金) ここにも清田先生! 】

今日の熊日日新聞朝刊の読者ひろばに目を通すと清田先生の投稿を発見しました。

1年を振り返るというお題での投稿でした。

今年一年で大きく生徒の数が増えて、今は40人を超える大きな集団になりました。

たくさんの行事を行い、たくさん笑い、たくさん学んだ一年間だったと思います。

来年はもっと良い年になるように職員一同、頑張っていきたいと思います。

【平成29年11月14日(火) 久遠チョコレート 】

NPOネクステップさんが運営する「久遠チョコレート」上通り店が11月3日にプレ・オープンしました。

対人関係への不安や病気などで就労の支援が必要な若者を積極的に雇用されています。

志成館の生徒も何人か働かせていただいております。

生徒たちはとても働きやすい環境で、仕事に充実感を感じると話してくれています。

本当にありがたいです。

それから、商品のチョコレートはとても素晴らしいものでした。

こだわりの素材を使ったピュアなチョコレートに様々なフルーツやナッツを併せた素敵なチョコが

店頭に並んでいました。

皆様も、機会があれば、せひ、「久遠チョコレート」に足を運んでみてください。

 

【平成29年10月14日(土) 生徒の活躍が熊日日新聞に! 】

全国定時制通信制高校総体剣道大会で準優勝をした志成館の3年生が

平成29年10月14日(土)熊日日新聞の朝刊に大々的に掲載されました。

記事の内容は生徒の全国大会までの道のり深く掘り下げたものでした。

同じく柔道でベスト8入りした熊本県立湧心館の生徒のことも掲載されて

いました。全日制の大会ほど大きく報道されない定時制通信制の大会です

がそこにも壮大なドラマがあります。今回のように、生徒の活躍を記事に

取り上げていただけたことを嬉しく思います。そして、逆境を乗り越え、素晴

らしい結果を残した生徒を本当に誇らしく思います。

【平成29年4月6日(金) 志成館生徒の記事 】

4月3日(月)、志成館の生徒が読売新聞の一記事として大きく取り上げられました。

熊本地震の爪痕の残る被災地で写真を写真を撮り続ける女子高生として紹介

されました。「記憶を風化させないためにも被災地の今を記録し、伝えていきたい」

との強い思いで活動を続けています。

最近はTVや新聞などで熊本地震のこと、その後のことはほとんどなくなりました。

報道はされずとも今もまだ苦しんでいる方々がいます。継続的な支援が必要です。

そして、震災はまたいつどこで起きるかわかりません。震災を経験したものとして

地震に備える必要性、再び起きてしまった際に、同じ苦しみや悲しみを背負った

仲間がいるんだというメッセージを全国に発信し続けるという使命がまだ私たちには

残っているんだということを生徒の記事を読んで改めて感じました。

生徒の活動を誇らしく思うと同時に、私たちに残された使命を再確認させてくれて

ありがとうという気持ちになりました。

【平成29年3月2日(木) 新聞記事・麦踏み祭 】

2月26日に芦北町大野で開催された「麦踏み祭」が3月2日の熊日の朝刊に掲載されていました。

芦北の魅力が多くの方々に知ってもらえる機会ができて、参加者として、元住人の私(甲斐)としては

嬉しくて、小躍りしたいくらいです

それから、写真の後方にはしっかりと志成館の生徒と職員も写っていました。

写りがよく、大満足です。さすが、プロの仕事です。

学校のブログの写真も工夫して撮影していこうと気持ちを新たにすることができました。