志成館

不登校、高校中退から通信制高校卒業。高卒程度認定試験、大学受験から未来へ。志成館は熊本であなたの志を未来へとつなぐ学び舎です。

〒862-0973 熊本県熊本市中央区大江本町7番3号


TEL.0120-08-3730 / fax 096-371-3871

逢桜の里

【平成30年7月9日(月) ビューティフル・オムライス ~逢桜の里~ 】

今日は待ちに待った月一の「逢桜の里」さんの活動の日でした。

梅雨もあって、まだか、まだかと待った一ヶ月でしたが、今回の献立は

オムライス、味噌汁、トウモロコシ、蒸しパン、シフォンケーキとナスの

ジャムでした。待った甲斐があったと思えるような、夢のような献立ですね。

味噌汁の仕込みは一年生の男子生徒が、インスタ映えの素晴らしく

ビューティフルなオムライスの考案は一年生との女子生徒がしてくれました。

それから、今回びっくりしたのは「ナスのジャム」でした。

野菜のナスは小さくサイコロ状に切ってあって、リンゴの様な食感でした。

「ナスって、果物だっけ?」と一瞬、思ってしまいました。

生徒たちもいつも以上に食べていたようです。おなかも心も満タンです。

逢桜の里さんには本当に感謝です。ご馳走様でした。

【平成30年6月11日(月) 今月の逢桜の里】

今日は「逢桜の里」さんが隣の公民館での活動される日でした。

献立はおにぎり、味噌汁、スイートポテト、どら焼きでした。

お昼までは雨が降ったために、参加する生徒はあまり多くは

いませんでしたが、そのおかげで初参加の生徒が「逢桜の里」

の方々とたくさんお話ができる良い機会になりました。

今日もご馳走様でした。逢桜の里さんにはいつも感謝です。

 

 

【平成30年5月14日(月) サークル・逢桜の里 】

今日のサークル活動では「逢桜の里」さんにお邪魔しました。

今日の献立は玄米のごはん、ナスの味噌汁、きんぴらごぼう、ポテトサラダ、

メロンとシフォンケーキでした。

特にメロンは下の方まで柔くて、甘くて、おいしかったです。

おいしいご飯とおやつを食べながら生徒には4月から5月までの写真整理

作業を手伝ってもらいました。

子連れのご夫婦も参加されて、楽しい交流ができました。

おいしいご飯、ありがとうございました。ご馳走様でした!

 

【平成30年4月9日(月) 大学受験科のオリエンテーション 】

今日の午後からは大学受験科のオリエンテーションも行われました。

ここ数年は大学進学を目指す生徒が多く、かなりたくさんの参加希望者が

集まりました。

志成館の先生は大学受験では少し違った雰囲気で話をしました。聞いている

生徒の眼差しは真剣そのものでした。

これから希望の進学先に合格できるように精一杯、生徒をサポートしていきます。

【平成30年 2月19日 逢桜の里 オムライス】

本日は卒業式前最後の逢桜の里ということで、とくに3年生から希望のあったオムライス・また2年生から希望のあった肉じゃがづくりが実施されました。

ちなみに、使用したお米は先日のブログでも紹介いたしました、麦踏み祭の景品を精米したものです。

結局メンバーは1年生が主体となりましたが、作業を分担し、味付けの確認なども本人たちで話し合いながら進めることができ有意義な時間になったようです。ケチャップアートの図柄はどこかで見たことがありますね!とても親近感を感じますby写真撮影・記事執筆担当者K

【平成30年2月17日(土) 親子味噌作り@味噌天神 】

2月17日、味噌天神公民館で親子味噌作り体験を行いました。「逢桜の里」さんに講師を

お願いしての企画でした。

作り方の説明は紙芝居形式で楽しく行っていただきました。

材料は大豆、麦と米の麹、塩で、麹は近所の味噌醤油醸造元のものを使ったものでした。

まずは麦と米の麹と塩を混ぜ混ぜ。(麦と米を合わせることから合わせ味噌になります)

米麹の香りは少しチーズのような嗅ぎ慣れた香り、麦麹は日奈久味噌をいつも食べてる方

ならピンとくる香りでした。

次に、圧力鍋で耳たぶくらいの硬さまで煮た大豆を袋に入れて、押し潰していきます。この

潰し方で性格が出ちゃったりします。ここでしっかりと潰しておくと味噌汁で味噌を濾す時に

困らないそうです。

滑らかになった大豆に麹と塩を混ぜたものを投入後、しっかりと揉み込み、空気を抜いて

いきます。余分な空気は腐敗の原因になってしまうのです。この過程で、素手で揉む事で

手の常在菌(いい奴)が働き、おいしい自分だけの手前味噌ができます。清田先生を始め

とした志成館の職員らは常在菌対決と称して、一番おいしい味噌を作れる常在菌を持つ

ものを決めるために念入りに素手で揉み込みました。ちなみにできたものは5月の茶話会

の中で品評会ができれば、と考えております。

その後、Ziolocに入れ、空気を抜いて作業は完了です。ここから冷暗所に置いて三ヶ月

ほど経つと食べれるそうです。常在菌対決の件で保存場所次第で味が変わるそうで場所

はどこにしようかとここで頭を悩ませるのでした。

味噌を作りながら、楽しいお話ができました。作業をしながらの方が心の距離も縮まり、

会話も弾みます。生徒同士だけでなく、生徒と保護者の会話も楽しく行われました。

初めての企画でしたが、大成功な親子味噌作り体験でした。

 

【平成30年2月17日(土) 大野お米を食べてください 】

今日は「逢桜の里」さんに「あしきた麦踏み祭」でいただいた賞品の大野の玄米30キロを

お渡ししました。「逢桜の里」が行われている里作りや子ども食堂でたくさんの方々に

味わっていただけたらと思います。

それから、「逢桜の里」さんのイベントの紹介をします。

 

2月24日(土) 五節句の食育「ひなまつり」   五福公民館にて ↓

3月9日(金)  明治食育セミナー 楽しく健活セミナー ヨーグルトのひみつ ↓

 

【平成30年1月15日 初逢桜の里 たまご焼き初め】

第2月曜日が祝日であったため、本日が味噌天神公民館での逢桜の里開催となりました。

今年初めての会には久しぶりのメンバーからはじめましての生徒まで8人のが参加し、味噌汁、ぜんざい、きんぴらごぼうをごちそうになりました。志成館の生徒は配膳片付けから、タイトルどおり卵焼きの調理や看板作製などでお手伝いできました。また職員もお邪魔して、スタッフの方や生徒との楽しいひとときを持つことができました。

来月も第二月曜日が祝日となりますので、第三週の2月19日開催になるとのことです。逢桜の里のみなさん、地域の方々、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

【平成29年12月11日】逢桜の里 クリスマス会

お世話になりました、お隣味噌天神公民館での逢桜の里も年内の開催は最後となりました。

一足早いクリスマス企画ということで、お料理や内装もいつもよりグレードアップしていました。

早くから準備に携わり、新作のチーズ卵焼きを披露してくれた生徒は疲れを滲ませつつも、みなさんからの好評によりさらに自信を深めていたようでした。

久しぶりに顔を出してくれた生徒や、転入学の生徒も交えて、美味しくにぎやかな時間を過ごすことができました。

また生徒のみならず我々職員にもお料理やお菓子をいただき、一同感謝の気持ちでいっぱいです。来年も生徒ともどもご協力申し上げ、盛り上げていきたいと思います。

【平成29年 11月13日】 逢桜の里 わんこ卵焼き 

第二月曜日です。お昼を過ぎても気温がそう上がらない中、逢桜の里にてあたたかい味噌汁とごはんを頂きました。

毎回参加してくれる生徒の一人が、卵焼きを焼く能力を会ごとに増していき…今回は一皿平らげるとすぐに次の卵焼きが。また平らげると待ち構えていたようにさらに次の卵焼きが…!と、わんこそばならぬわんこ卵焼きの様相でした。

いつものメンバーに、受験を控えた先輩も加え、おいしい料理を中心にゆっくりとした時間が流れていました。今日の話題に上がったのはイラストで、表のメニュー看板からスマホアプリを使った作画まで、思い思いの描画を楽しんでいました。

12月の開催はクリスマス会ということで、料理、イラストともに今回以上に貢献してくれそうです。